”防災システムを支える力になりたい”ST事業部 J.F

担当している業務

■ソフトウェア開発

ダム制御システムや気象警報システムなど、防災に関わるソフトウェアの開発、改修を行っています。(デスクトップアプリ、Webアプリ、組込機器など、様々なソフトウェアに対して行っています)

今後の目標

  • 1.プログラミング言語マスター
    数多の言語の内、一つの言語を極めることです。(他の言語も習得しやすくするため)
  • 2.社内勉強会の活性化と集大成
    ST事業部では、若手を中心に技術やマネジメントに関わる勉強会を行っています。日頃の成果を形にして発表することです。

学生時代から現在

筑波大学 地球学類入学
当初、将来の目標が明確ではありませんでしたが、地学を学んでいくうちに防災への興味がわきました。防災や減災に関わる研究室に所属していました。
津軽三味線に熱中
津軽三味線サークルに所属し、三味線だけでなく、民謡や踊りも学びました。嗜み程度に着付けもできるようになりました。
初めてのプログラミング
「ハンパない専門家集団」という会社のビジョンに共感し、ソフトウェア開発の側から大学で学んだ防災やGISといったことを生かしていきたいと思い、入社決意。プログラミングを学んだのは入社後でしたが、3ヶ月後には、初めての仕事でソフトウェア改修を行うことができました。
日々知らなかった技術と向き合う
今まで気がつかなかった技術の裏側に触れるようになり、知らないことや新しいことに毎日驚かされています。習得するのはもちろん大変ですが、それ以上に刺激的で面白いことばかりです。
一日のスケジュール ON〈平日〉
7:00 起床
8:50 出社
9:00 ミーティング
10:00 ソフトウェア開発
       時
     が
     経
     つ
     の
     を
     忘
     れ
     る
19:00 帰宅
夕飯を作り
20:00 ラジオを聴きつつ、夕刊を読む
21:00 最新のMacBookをドヤ顔で使う
※ただし自宅に限る
1:00 就寝
一日のスケジュール OFF〈休日〉
7:00 目覚ましが鳴る
10:00 起床
朝市で野菜を買い忘れたことに気づく
11:00 整体
12:00 整体で身体がほぐれて眠くなる
13:00 家事
14:00 録りためたテレビ番組の消化
18:00 自作のアプリ開発
0:00 外出しなかったことに気づきつつ就寝

就職活動中のみなさんに一言!

興味があること、やりたいことをやる!
興味がある事業内容があれば、いつでもご連絡ください。

他の先輩メッセージも見る